クラウド電子カルテにありがちな誤解 / エムスリーデジカル株式会社

2019年5月19日

クラウド電子カルテにありがちな誤解

クラウドと聞くと、訪問診療のために利用する電子カルテと想像するかもしれません。
その安さ、使いやすさが評価されて、実は外来向け電子カルテとして使われているケースの方が圧倒的に多いです。

クラウド電子カルテの中で、最も導入件数が多い「M3デジカル」では、クラウドに対する誤った理解を解消するサービスを提供しています。

誤解① クラウドだとデータが手元になくて心配?
事実 データは、堅牢なセキュリティを誇るデータセンターで保管され、専門知識がないままクリニックで保管する不安が解消されます。
また、データセンターで管理されるだけでなく、カルテデータをローカルパソコンに保存することもできます。
誤解② 訪問サポートなどの対応がなくて不安?
事実 M3デジカルは、クラウド電子カルテでありながら、従来の電子カルテと同様に、充実のサポートプランも提供しています。
充実のサポートプランを選んだ場合でも、従来の電子カルテと比較すると、半額程度で利用できます。
誤解③ 院内機器や検査会社の連携ができなさそうで不便?
事実 M3デジカルは、既に大手の検査会社・院内機器との連携実績があり、多くのクリニックで運用されています。
外注検査会社や、院内機器と連携して、円滑に運用いただけます。
デジカル デジカル
ページトップへページトップへ