電子カルテの見えない費用とストレス / エムスリーデジカル株式会社

2019年5月21日

電子カルテの見えない費用とストレス

一般的な費用相場は、電子カルテ:初期300万円・月3万円、レセコン:初期150万円・月1.5万円と言われています。

多くの先生方は、この見えるコストは把握されていますが、電子化の見えないコストをご存じないのではないでしょうか。
レセコン・電子カルテ選びを後悔しないために、見えないコスト(費用・ストレス)を紹介します。

電子カルテの見えない費用とストレス

見えない費用

  • 5年ごとの買換え費用

    電子カルテ・レセコンはメーカーによっては、約5年利用するとメーカーからパソコン一式の買い換えを求められます。
    その際には、なんと初期導入と同等の費用(電カル:300万円、レセコン:150万円)がかかります。

  • 途中での端末追加費用

    特定メーカーに限定された端末の購入を求められ、過剰なスペック、設定費・作業費で、パソコン1台50万円もかかるケースがあります。

見えないストレス

  • 毎日のデータバックアップ

    レセコン・電子カルテを使うと、データバックアップを毎日する必要があります。
    バックアップが失敗して、やり直しているうちに、診察後の用事に間に合わないケースも発生しがちです。

  • 新薬の追加、診療報酬制度改定の反映

    新薬追加などは、毎月のように更新作業が発生します。
    手順書に沿って時間をかけて設定しなくてはいけないケースもあります。

  • 同じような入力の繰り返し

    クリニックの約8割は、実は似たような薬を処方しているというデータがあります。
    似たような入力を、先生や事務員が日々行う必要があります。

このような見えないコストを抑えてくれるのが、「クラウド」、「AI」です。
独自のAIを搭載したクラウド電子カルテ「M3デジカル」を例に、どう抑えるかを説明します。

クラウドが解消する「見えないコスト」

  • 5年ごとの買換え費用が不要

    • M3デジカルは、永年買い換え不要
  • 端末追加は安く、自由に

    • 好きなパソコン(Windowsでも、Macでも、iPadでも)を、自身で購入して自由に追加
    • もちろん、端末数による加算料金なし
  • 毎日のデータバックアップはお任せ

    • クラウド側で、毎日、複数箇所で、自動データバック
    • 診療が終わったら、先生は、パソコンを閉じてすぐに終了
  • 新薬追加、診療報酬制度改定は自動反映

    • 情報も、クラウドが自動更新
    • 電子カルテを開くと、いつでも最新情報・制度が反映

AIが解消する「見えないコスト」

  • 検索回数1/10、入力時間80%削減

    • M3デジカルに搭載されたAIによる自動学習で、カルテ・レセコンがクリニックの入力内容を学習
    • 先生、事務員は、表示されたリストから選択するだけで、入力の手間を圧倒的に削減
  • スタッフの負担減

    • AIによる自動学習を搭載した電子カルテであれば、誰でも簡単に入力できるので、スタッフの負担軽減
    • スタッフの入れ替りがあっても円滑な継続運用が可能

これから電子カルテの導入を検討する先生方は、クラウド・AIカルテをまずご覧いただき、それを基準に他電子カルテと比較するとメリット・デメリットがわかりやすいかもしれません。

デジカル デジカル
ページトップへページトップへ