Vol.05 徳本 輝弘 先生

これからは電子カルテもクラウドの時代だと考えて選びました。自動学習のおかげで、カルテ入力が楽になっています。

徳本 先生

徳本 輝弘 先生

─ 電子カルテを選ぶ上で重視した点は何でしょうか?

これからは電子カルテもクラウドの時代だと感じていたのでクラウド型を探していて、いくつかクラウド型電子カルテのデモを受けました。

─ その中でデジカルを選んで頂いた決め手は何でしょうか?

何社かクラウド電子カルテのデモを受けた中で圧倒的に印象が良かったですね。
初期導入とランニングコストも希望の範囲内だった点と連携するレセコンを実績のあるORCA事業者からサポートしてもらえる点も安心でした。

─ 実際に診察でデジカルを使ってみての感想はいかがですか?

非常に効率よくカルテを作成できています。
主訴所見はテンプレートを作ったので簡単に入力できます。
また、診察室ではデスクトップPCを利用していますが、受付時にカルテを確認したい場合はiPadを閲覧用に使っていこうと思っています。簡単に端末を増やせるのも便利です。

─ デジカルの特長である自動学習により、カルテ入力の手間は省かれていますか?

自動学習のおかげでカルテ入力の時間が非常に短縮されています。
処置行為を学習して思った通り使いたい項目を自動で表示してくれるので、どんどん入力が楽になっています。
初診患者でも2,3分でカルテの作成が完了しますね。

─ 他にデジカルの中でオススメする点はございますか?

適応症チェックは非常に有用です。このおかげで薬の査定はほぼありません。
あとファイルタブにPDFにした問診票を管理できるのが非常に便利です。

─ ありがとうございます。今後デジカルに期待することはございますか?

ファイル取込方法、予約患者の管理あたりですかね。
血液検査に対する適応症チェックもできたらさらに便利ですね!

利用医師に話を聞く ※対象となる先生はデジカル社が調整いたします。
  • 今すぐ無料体験
  • アカウントを即時発行しますので、
    ご自身のパソコンで体験できます。
  • 今すぐ無料体験
ページトップへページトップへ