導入事例インタビュー Vol.32 / エムスリーデジカル株式会社

Vol.32 吉井 大司 先生

開業時には、コンサルも活用しながら、自主的に電子カルテを選ぶことが大切です。

吉井 大司 先生

─ クリニックの特徴を教えて下さい。

当院は、一般内科だけでなく、生活習慣病(糖尿病や脂質異常症など)や甲状腺疾患などの内分泌疾患の専門外来を特徴としており、HbA1c・血糖・脂質・甲状腺ホルモン等が院内で迅速検査ができる体制を整えています。
また、糖尿病療養指導士も在中しており、糖尿病から発症する合併症の進展・再発予防に積極的に取り組んでいます。

─ エムスリーデジカルにしようと思われた理由を教えて下さい。

開業前の勤務先の多くの病院が使用していたサーバー設置型の電子カルテは制約が多く、融通性に欠けていました。
開業にあたり電子カルテを探す際に、多くの電子カルテ会社の検討をしましたが、サーバー設置型の電子カルテが主流の印象を受けます。
しかし、サーバー設置型は、初期の導入コストが高額であり、数年おきに発生する更新費用がクリニックの経営の負担となることが容易に想像でき、なんとかコストを抑えたいと感じていました。

そのため、低コストで融通性が利くクラウド型の電子カルテがあることは知っていたので、クラウド型電子カルテを中心に検討しました。
その中でもエムスリーデジカルは、セキュリティを担保しながら、同じPCで電子カルテを利用しつつ、インターネット検索や他のアプリをインストールして利用でき、自由度が高いことが利点です。
他のクラウド型とも比較しましたが、導入数が少ないことやOSの制限・操作性に問題があるものもあり、不安が残る印象を受けました。
エムスリーデジカルは、導入実績がクラウド型ではシェアNo.1で安心でき、操作性などを柔軟に希望することができるため、総合的にバランスが良く採用を決めました。

─ M3デジカルの良いところはどこでしょう?

処方や検査のセット作成が容易であり、拡張性が高いことです。
また、当院では多くの院内迅速検査を実施していますので、各種院内検査機器と電子カルテを接続する必要があります。
一般的にシステム間の連携には費用が掛かりますが、エムスリーデジカルから機器連携が低コストで行える方法を提案頂けたので満足しています。

─ サポートについてはいかがでしょうか?

代理店に有料の導入支援を依頼しましたので、初期設定や機器連携などをお願いできた点は良かったと思います。
利用を始めてからは「よくある質問」や、「お問い合わせフォーム」に質問や要望などを随時伝えて迅速に対応頂いていますので満足です。

─ 今後エムスリーデジカルに期待することはございますか?

当院が要望として挙げている内容が適時バージョンアップで改善してくれると嬉しいです。
また、インスリン自己注射で使用する在宅自己注射管理料や血糖測定加算などの入力が、今よりもっと簡便化すると、内科の先生方にも喜ばれると思いますので、今後に期待しています。

利用医師に話を聞く ※対象となる先生はエムスリーデジカル社が調整いたします。
  • 今すぐ無料体験
  • アカウントを即時発行しますので、
    ご自身のパソコンで体験できます。
  • 今すぐ無料体験
ページトップへページトップへ