Vol.14 大山 亘 先生

乳幼児健診や予防接種のように入力項目が決まっている診察では、カルテが数秒で完成するので大変便利です。

大山 亘 先生

大山 亘 先生

─ 開業しようと思ったきっかけを教えてください。

幼少期に診察をしてくれた小児診療所の先生の姿を見て、医師を目指そうと思いました。
また、地域医療に貢献したい気持ちも強かったため、自ら開院しました。

─ 開業後、意識していることは何でしょうか?

子供が診察に対する嫌な気持ちを乗り越えられるようなサポートを意識しています。
診察前は嫌な気持ちにならないよう随所におもちゃの配置や仕掛けを施し、診察後には頑張った子供がご褒美にガチャガチャをできる演出をしています。

─ デジカルの選定で決め手になったことは何でしょうか?

電子カルテを検討するにあたり、先輩医師に利用電子カルテの使用感を聞いたり、展示会に参加して色々見学しました。
「操作が非常に簡単」、「クラウドなのでサーバ不要」、「費用を抑えて導入できる」の3点が決め手となり、デジカルに決めました。

─ デジカルを使ってみて良いところは何でしょうか?

在宅診療も視野に入れているので、クラウドで動作が非常に軽快なのは良いですね。
処置など決まったオーダー入力の際は、探す手間がない自動学習が便利です。
セットは主訴・所見と診療行為を組み合わせて作れるので、乳幼児健診や予防接種のように入力項目が決まっている診察ではカルテが数秒で完成するので大変便利です。

─ iPadアプリを使っていますか?

はい、皮膚疾患(発疹、蕁麻疹、アトピー、傷口など)の写真をiPadで撮影しています。
撮影した写真は自動でカルテに貼り付くので、カルテ上で写真を見て経過観察がスムーズにできています。

利用医師に話を聞く ※対象となる先生はデジカル社が調整いたします。
  • 今すぐ無料体験
  • アカウントを即時発行しますので、
    ご自身のパソコンで体験できます。
  • 今すぐ無料体験
ページトップへページトップへ