Vol.19 村松 英之 先生

医師という立場からも、経営者という立場からも、安心して使える電子カルテです。

村松 英之 先生

村松 英之 先生

─ 開業したきっかけを教えてください。

多くの患者さんが火傷や怪我の痕で悩まれているなか「創傷治療」と「瘢痕治療」に特化し、枠にとらわれない治療で患者さんを助けたく開業しました。

─ 電子カルテはどのように探しましたか?

電子カルテは、自分自身が使うものなのでこだわりたいと思い、積極的に情報収集しました。
具体的には、電子カルテの情報が豊富なm3.comや、開業セミナーなどを活用しました。
将来的に、クリニックの分院を出したいと考えており、本院・分院の状況を確認できるのに便利なクラウド型を中心に検討していました。

─ デジカルを選んだ決め手は何ですか?

開業セミナーで、偶然デジカルを使っている先生のお話しが聞けました。
デジカルは、初期費用だけでなく、月額費用も抑えられ、経営的に本当に助かったという実例が聞けて、大変参考になりました。新規開業時当初は、患者数が少ない場合もあり、経営的にも不安定な時期があると思います。医師視点、経営視点の両方から選定する大切さを改めて感じました。
また、デジカルは初期導入や使い始めてから支援をしてくれる(株)シィ・エム・エスさんという会社もいて、対応が良かったのも決め手となりました。
医師という立場からも、経営者という立場からも安心して使える電子カルテだと思いました。

─ 形成、皮膚、美容外科などでのデジカルの良さとは何でしょう?

デジカルはセットの作成に加えて、自動学習機能という患者さんや自分の利用頻度の高い診療内容を自動で表示してくれる機能があり、圧倒的に使いやすいです。
勤務医時代に使っていた病院の電子カルテは使えるセットが限られていたり、自分仕様の作り込みができなかったので、入力に苦労しました。

iPad手書きアプリを見せてもらいましたが、撮影写真がすぐにシェーマとして活用できて、とても書きやすいのがいいですね。

─ 今後デジカルに期待する事はございますか?

日々の診療で蓄積される診療データの分析に必要な情報を出力できるようにしてほしいです。
例えば、診療内容で検索がもっとできるようになれば、今後の診療に役立つと考えています。
また、新しくできた予約機能が予約システムと連携ができるようになればいいと思います。

利用医師に話を聞く ※対象となる先生はデジカル社が調整いたします。
  • 今すぐ無料体験
  • アカウントを即時発行しますので、
    ご自身のパソコンで体験できます。
  • 今すぐ無料体験
ページトップへページトップへ