エムスリーデジカル株式会社 - 導入事例インタビュー Vol.22

Vol.22 中込 忠好 先生

電子カルテ・レセコン一体型なら、患者さんの待ち時間を減らしながら、丁寧な対応を実践できます。

中込 忠好 先生

中込 忠好 先生

─ 先生は教授や病院長等を歴任されていましたが、クリニックを開業されたきっかけは何でしょうか。

定年で退官することになり、その後もいくつかの医療機関で働き続けておりました。
今回ご縁で継承開業することになりました。

御礼奉公とまでは言えませんが、今でも医師を続けているのは、これまで色々な方にお世話になったからですかね。

─ 先生が普段の診察で意識されている事はありますか。

私が診療で意識していることは、スピード感を持って、丁寧で優しい応対をすることです。

私も病気になる時もありますし、その時医師にはそうであってほしいと思いますので、患者の気持ちに立った対応を行うように心掛けています。

私の専門は脳神経外科で、頭痛やしびれ・めまい症状のケアを行っています。
場所柄、患者さんはほぼビジネスパーソンで、急性疾患での来院が多く、休み明けは外傷で、来院される方も時々いらっしゃいます。
患者さんはお仕事の合間にいらっしゃるので、スピード感は大切だと感じています。

─ エムスリーデジカルを知ったきっかけは何でしょうか。

私も妻も、パソコン利用はMacがほとんどでした。
スピーディな診療をするためにも、使い慣れたMacで使えるソフトが良いと考えていました。
選定中に色々なメーカーの電子カルテを見ましたが、ほとんどWindowsで動作するものばかりで、Macで使える電子カルテがなくて困っておりました。

そんな時、継承前からクリニックがお世話になっていたサポート会社の方より、Macで使えるクラウド型電子カルテがあると言われ、エムスリーデジカルを紹介してもらったのがきっかけです。

─ エムスリーデジカルはどのように使っていますか。

電子カルテ・レセコン一体型で利用していて、カルテ入力から会計まで私が行っています。
エムスリーデジカルは病名チェック機能と自動算定機能があるので、私でも簡単に会計を行う事が出来て、患者さんのお帰りまでスピーディに行うことができます。

開業して、受付は医療事務経験がなかった妻に任せています。初めは患者登録に時間がかかっていましたが、エムスリーデジカルの機能追加で住所登録が簡単になりましたので、患者さんを診察までお待たせする時間も減ってきました。
また徐々に診療報酬の制度が分かってきて、病名チェック機能と自動算定機能を使えば会計もできそうと言っているので今後は任せて、私は診察に専念しようと考えています。

─ デジカルはエムスリーデジカルとなりましたが、いかがですか。

買換費用もなく、コストを抑えて使い続けられるエムスリーデジカルに満足しています。
エムスリーと一緒になって、今後ますます使い勝手の良いシステムになってくれるよう期待しています!

利用医師に話を聞く ※対象となる先生はエムスリーデジカル社が調整いたします。
  • 今すぐ無料体験
  • アカウントを即時発行しますので、
    ご自身のパソコンで体験できます。
  • 今すぐ無料体験
ページトップへページトップへ